脱肛・クローン病の漢方相談

内臓筋肉の強化をお手伝いします。

脱肛は漢方薬で治る環境作りをします

 脱肛は内臓の筋肉の衰えに原因があります。同じようなもので胃下垂や脱腸なども同様です。いわゆる、内臓下垂の1つです。
 漢方薬で飛び出ているものを引っ込めるようなことはなかなか難しいのですが、内臓下垂を改善する環境作りは十分可能です。
 同時に筋力トレーニングなどを併用することで内臓下垂状況を早く克服していくことが可能です。

  「漢方」+「筋力トレーニング」=内臓下垂を克服

 相談の際に、治療中気をつけることなどの養生をお話させて頂いています。


クローン病

痔関連の病気とは違うのですが、痔ろうとよく似た症状の病気なのでここで説明します。

 当店の得意分野の1つになってきました。
 クローン病は、漢方で治る病気になります。
        根本原因から治していきましょう。


当店でクローン病の漢方相談・治療方法が確立してきました。
 ただ、クローン病の患者さんは相当進行された状況でご来店いただくことがほとんどの為、時間的な問題で漢方相談・治療による有効性を感じる前に諦めてしまうケースが多いです。クローン病自体が陰病またわ慢性病のような状況のため治療期間は長くなることが常です。根気よく漢方相談にお付き合いいただいた患者さんは良い結果が得られている傾向で、出血や排便・潰瘍の状況が好転していっておられるようです。
 個人差もございますが、症状が3ヶ月ほどで軽減してくることも良くお見受けします。ただ完治というと年単位で考えて頂くことが必要です。治療をしていけば症状が軽減し完治に近づく可能性が高いです。ぜひ、お悩みの方は一度ご相談下さい。
 
 クローン病は痔ろうと違い、人工肛門をしても下痢などの症状は変わりなく続きます。それは根本の問題が解決されていないためです。
 
クローン病に対して当店では5個のポイントの状況をみて漢方相談にあたっています。
 ①出血
 ②下痢
 ③潰瘍
 ④免疫
 ⑤腸内環境
 以上の点と体質などを考慮して漢方相談のプランを提案しています。
 ただ、なるべく早い段階での対応が早い改善につながりま。病院の治療と併用でも構いません。
 当店ではご相談の際に養生方法なども一緒にお知らせしています。
 少しでも良いことをとり入れ、少しでも早く調子が良くなるように一緒に取組んでみませんか。

 病気の状況によって最初は一進一退が続くこともありますが、続けていくことで良い結果が少しづつ感じられるようになるかと思います。
 悩んでおられる方、ホームページを見ても分からないことは多いかと思いますので、一度漢方相談されてみてはいかがでしょうか。相談は無料ですし、する・しないの判断は相談後にお決めいただいても構いません。